潔く、肌をだす。自信を持ってからだのラインをだす。

かならず女らしさをだすことを意識しています。
ワイドパンツをはくなら、オフショルやノースリーブとヒールをあわせるなど、1箇所ではなく2箇所かならず女らしさをだします。

どこかはかならずからだのラインをだすことで、自分に対しても緊張感がでますし、自信をもってファッションを楽しもう、と思えるからです。
からだのラインをだすからこそ、色味はシンプルなもののほうが個人的にはセクシーに感じるので、色で女らしさをだすことはあまりしません。
ただ、素材はファッションのなかでもかなり影響はでると思うので、素材は意識しています。

女らしく、柔らかいシフォンなどよりもあえて強めな革などをバックやアクセサリー、靴などでさりげなくいれることで、
からだのラインをだしていても、肌をいさぎよく出していても、あからさまな女らしさがでないのでわたしは気に入っています。
自分が確率できることで、着まわしやアクセサリーなどもあわせやすくなるので、コスパもいいと思っています。